Find items
  1. Filter
  2. {{ search.text.primary }}
  3. Keyword : {{ text }}
  4. Range :
  5. Tag :

当然バイクとのかかわり方はバイク乗りそれぞれ千差万別。
テクニックを極めたい輩、カスタムで主張したい派、もちろん生活の一部として必需な方も…

JAM'S GOLDはライフスタイルにアメリカ好き、モーター好き、若干の目立ち好き、うれしい好き、そんなキーワードでハーレーに拘るライトバイカーにはまるモーターサイクルグッズを提案するメーカーです。

自分たちの欲しいが企画の第一理由!!!らしさは自由な発想、その延長にある商品は独特なギアだったり、一転気まじめなアイテムだったりもする。

もちろんライト=初心者とは考えてはいない。ただ初心者も極め派もなく、しいて言えばチャーミング(粋)なバイカーのお気に入りブランドでありたい。JAM’S GOLD的チャーミーバイカーが増えたら最高です。

調布近辺でガン見されてたらきっとあなたはチャーミング(粋)なバイカーで、うちのスタッフがJAM'S GOLDのなにかを付けてないか調査しているのかも知れない。

閉じる続きを読む

JAM'S GOLDはライフスタイルにアメリカ好き、モーター好き、若干の目立ち好き、うれしい好き、そんなキーワードでハーレーに拘るライトバイカーにはまるモーターサイクルグッズを提案するメーカーです。

自分たちの欲しいが企画の第一理由!!!らしさは自由な発想、その延長にある商品は独特なギアだったり、一転気まじめなアイテムだったりもする。

もちろんライト=初心者とは考えてはいない。ただ初心者も極め派もなく、しいて言えばチャーミング(粋)なバイカーのお気に入りブランドでありたい。JAM’S GOLD的チャーミーバイカーが増えたら最高です。

調布近辺でガン見されてたらきっとあなたはチャーミング(粋)なバイカーで、うちのスタッフがJAM'S GOLDのなにかを付けてないか調査しているのかも知れない。

Indian Motocycle Company は1901年、アメリカのスプリングフィールドで創業者のジョージ.M.ヘンディとチーフエンジニアのカール.オスカー.ヘッドストロームによって設立されたオートバイ生産メーカーである。

二人の憧れは自分の手足のごとく馬を操るインディアンのようにオートバイを乗りこなすこと。
その魂を込め、社名を<INDIAN>と命名したと言われている。
鉄の塊に魂を、その想いは今では当たり前となったチェーン駆動という技術でオートバイの歴史に革新をもたらした。

その後、映画にもなったHARLEY社とのスピードをかけた熾烈な争いが10年余り続くのである。

1911年マン島のレースで新型エンジンを登場させ、1.2.3.を独占し、アメリカ全土、全世界にINDIANの名を知らしめ、熱烈なファンを獲得していくのであった。

代表的なモデルはSCOUTとCHIEFであり、共にSVエンジンを搭載していた。時代の流れの中で惜しくも会社は解散したが、鉄の塊の魂には二人のネイティブスピリットが受け継がれている。

まるで強敵を称えるようにHD社のライダーがINDIANロゴを着ている姿にその証を感じる。

閉じる続きを読む

二人の憧れは自分の手足のごとく馬を操るインディアンのようにオートバイを乗りこなすこと。
その魂を込め、社名を<INDIAN>と命名したと言われている。
鉄の塊に魂を、その想いは今では当たり前となったチェーン駆動という技術でオートバイの歴史に革新をもたらした。

その後、映画にもなったHARLEY社とのスピードをかけた熾烈な争いが10年余り続くのである。

1911年マン島のレースで新型エンジンを登場させ、1.2.3.を独占し、アメリカ全土、全世界にINDIANの名を知らしめ、熱烈なファンを獲得していくのであった。

代表的なモデルはSCOUTとCHIEFであり、共にSVエンジンを搭載していた。時代の流れの中で惜しくも会社は解散したが、鉄の塊の魂には二人のネイティブスピリットが受け継がれている。

まるで強敵を称えるようにHD社のライダーがINDIANロゴを着ている姿にその証を感じる。

日本のかばん作りの街 豊岡の職人でもあるアメリカンバイカーF氏が企画したアメリカンツーリングバッグブランド。

F氏自身が自分のために作った1つのカバンをバイカー仲間に頼まれて作り始めたのをきっかけにK-PLUSは確立していった。

特徴でもある合皮素材は日本の風土を考え、あえてチョイス。

ロック式のバックルは簡単に外せるという旅先での必須機能と走行中の安全の為に。

F氏の作った1つのバッグが現在19種のアイテムに広がった。

今なお走り続けるバイカーF氏の頭の中からは無限のアイディアが生まれるに違いない。

閉じる続きを読む

特徴でもある合皮素材は日本の風土を考え、あえてチョイス。

ロック式のバックルは簡単に外せるという旅先での必須機能と走行中の安全の為に。

F氏の作った1つのバッグが現在19種のアイテムに広がった。

今なお走り続けるバイカーF氏の頭の中からは無限のアイディアが生まれるに違いない。

今から75年余り前 アメリカの片田舎で創設者クレイスミス氏が母親の営む小さなダイニングレストランの裏で大好きな車のチューニングSHOPを始めた。

もちろん初めは友達からの口コミと好きでやっていたサンデーレースだけの宣伝で。

ところが...

彼の作った精巧かつ強度のあるパーツで走るレーサーは連戦表彰台の1番高いところを独占した。そのマシンには<Clay Smith>のロゴ。

当然メーカーのワークスチューナーの目にも止まり、一気にドラックチューナーのカリスマへと成り上がったのだった。

彼はいつも“We bild the best,and Fix the rest”(良いものを作れば必ず跡に残る)という考えのもと、常にユーザーにとっての最高を一緒に造り続けてきた。

別名 Mr.HORSEPOWER 馬力男とでも訳すのか、エンジンパワーを最大限に駆動させることを極めた男。

勇ましく、でもどこかシャイな氏の写真には必ずタバコをくわえて煙たい表情が写されているそう。SMOKING WOODPECKERキャラそのままに。

その後、Clay Smithブランドは、オーナーが変われど彼のその精神はぶれずに進化し、今でもサーキットのアスファルトにそのパワーの証をブラックマークとして刻み込んでいる。

閉じる続きを読む

彼の作った精巧かつ強度のあるパーツで走るレーサーは連戦表彰台の1番高いところを独占した。そのマシンには<Clay Smith>のロゴ。

当然メーカーのワークスチューナーの目にも止まり、一気にドラックチューナーのカリスマへと成り上がったのだった。

彼はいつも“We bild the best,and Fix the rest”(良いものを作れば必ず跡に残る)という考えのもと、常にユーザーにとっての最高を一緒に造り続けてきた。

別名 Mr.HORSEPOWER 馬力男とでも訳すのか、エンジンパワーを最大限に駆動させることを極めた男。

勇ましく、でもどこかシャイな氏の写真には必ずタバコをくわえて煙たい表情が写されているそう。SMOKING WOODPECKERキャラそのままに。

その後、Clay Smithブランドは、オーナーが変われど彼のその精神はぶれずに進化し、今でもサーキットのアスファルトにそのパワーの証をブラックマークとして刻み込んでいる。

MOON EYES創始者 DEAN MOONは'53年に「MOON AUTOMOTIVE」を設立。

当時は部品販売よりもチューンナップが収入の半分を占めていたがムーンの名を一気に世に知らしめたのはアルミ製の円盤で装着も簡単、安価で最高速度を向上できるという画期的なパーツ「ムーンディスク」であった。

ムーンディスクは発売当時1ヵ月で10,000ディスクを売り上げるという大ベストセラーになった。

やがてムーンディスクはドライレイク、インディカー、ドラッグ、カンナムレース等、至るところで目にすることができるようになった。

そのMOON EQUIPMENTが日本に上陸したのは'83年のことだった。

現社長・菅沼繁博(シゲ菅沼)がアメリカに行った時にムーンディスクを購入したのが事の発端で、帰国後、自分のハイラックスに装着したところ、彼の仲間もムーンディスクを装着したいと言い出した。

こうして仲間のムーンディスクをオーダーしているうちにビジネスに発展、'86年横浜元町にMOON EYESのSHOPをオープンさせた。'87年のDEEN MOON死去後、'92年には本国のMOONを吸収した。

閉じる続きを読む

ムーンディスクは発売当時1ヵ月で10,000ディスクを売り上げるという大ベストセラーになった。

やがてムーンディスクはドライレイク、インディカー、ドラッグ、カンナムレース等、至るところで目にすることができるようになった。

そのMOON EQUIPMENTが日本に上陸したのは'83年のことだった。

現社長・菅沼繁博(シゲ菅沼)がアメリカに行った時にムーンディスクを購入したのが事の発端で、帰国後、自分のハイラックスに装着したところ、彼の仲間もムーンディスクを装着したいと言い出した。

こうして仲間のムーンディスクをオーダーしているうちにビジネスに発展、'86年横浜元町にMOON EYESのSHOPをオープンさせた。'87年のDEEN MOON死去後、'92年には本国のMOONを吸収した。

1992年にアメリカカリフォルニア州で設立された乗馬ブランドです。

実際に履く人のことを考え、デザインだけでなく快適性に着目しフィッティングやクッショニングなど様々なテクノロジーを導入し革命的なライディングブーツを開発。

現在ではアパレルを含めウェスタンスタイル、イングリッシュスタイル共に世界最大の乗馬ブランドになりました。USAショナルチームの馬術選手をはじめ、世界中の多くのアスリートにも愛用されています。

また乗馬ユースで培ったハードなグラウンドコンディションに対応するファンクションを搭載したカントリースタイルのアウトドアコレクションの展開も図っています。

“ARIAT”ネームは1973年に3冠をとるなど大記録を打ちたてたアメリカを代表する最速の競走馬“Secretariat”(セクレ タリアット)からインスパイアドされた。

閉じる続きを読む

現在ではアパレルを含めウェスタンスタイル、イングリッシュスタイル共に世界最大の乗馬ブランドになりました。USAショナルチームの馬術選手をはじめ、世界中の多くのアスリートにも愛用されています。

また乗馬ユースで培ったハードなグラウンドコンディションに対応するファンクションを搭載したカントリースタイルのアウトドアコレクションの展開も図っています。

“ARIAT”ネームは1973年に3冠をとるなど大記録を打ちたてたアメリカを代表する最速の競走馬“Secretariat”(セクレ タリアット)からインスパイアドされた。

言わずと知れたトゥイーティーのアメコミキャラである。

が、何故アメ車好きに人気があるのか?

実はアメ車文化の象徴だったのである。

当たり前だなんて言ってる人はかなりのアメ車好きのはず。

1960年後半のアメ車の価値は馬力主義。

各社競い合い、いわゆるマッスルカーを発売した。そんな中で’67年にハチのマークのダッチスーパービーとロードランナーマークのプリマスロードランナーはデビューした。

発売からすぐ爆発的なヒットとなり、やがてドラッグレースにサンデーレースにと市販車カテゴリーのレースのサーキット場はロードランナーで埋まり、ロードランナー=アメリカンマッスルカーのキャラクターになっていくのである。

ちなみにプリマスロードランナーのホーンの音はBeep・・・Beepそうロードランナーの鳴き声であった。

閉じる続きを読む

実はアメ車文化の象徴だったのである。

当たり前だなんて言ってる人はかなりのアメ車好きのはず。

1960年後半のアメ車の価値は馬力主義。

各社競い合い、いわゆるマッスルカーを発売した。そんな中で’67年にハチのマークのダッチスーパービーとロードランナーマークのプリマスロードランナーはデビューした。

発売からすぐ爆発的なヒットとなり、やがてドラッグレースにサンデーレースにと市販車カテゴリーのレースのサーキット場はロードランナーで埋まり、ロードランナー=アメリカンマッスルカーのキャラクターになっていくのである。

ちなみにプリマスロードランナーのホーンの音はBeep・・・Beepそうロードランナーの鳴き声であった。

1923年アメリカ映画の主人公で誕生。

以来、新聞連載、マンガやマスコットアニメーション等で大人気のFELIX THE CAT。

名前の由来

ラテン語の「felis」(猫)と「felix」(幸運)に由来していて、笑顔のキャラクター共に古くから愛され続けています。

また、シボレーのマスコットやアメリカ海軍のマスコットとしても有名です。

閉じる続きを読む

名前の由来

ラテン語の「felis」(猫)と「felix」(幸運)に由来していて、笑顔のキャラクター共に古くから愛され続けています。

また、シボレーのマスコットやアメリカ海軍のマスコットとしても有名です。

There are no items matching.
  • Item Number : {{ product.key }}
  •  
  • Brand
  • Category
  • Size
  • Price
  • Brand
  • Category
  • Size
  • Price
  1. Filter
  2. {{ search.text.primary }}
  3. Keyword : {{ text }}
  4. Range :
  5. Tag :

当然バイクとのかかわり方はバイク乗りそれぞれ千差万別。
テクニックを極めたい輩、カスタムで主張したい派、もちろん生活の一部として必需な方も…

JAM'S GOLDはライフスタイルにアメリカ好き、モーター好き、若干の目立ち好き、うれしい好き、そんなキーワードでハーレーに拘るライトバイカーにはまるモーターサイクルグッズを提案するメーカーです。

自分たちの欲しいが企画の第一理由!!!らしさは自由な発想、その延長にある商品は独特なギアだったり、一転気まじめなアイテムだったりもする。

もちろんライト=初心者とは考えてはいない。ただ初心者も極め派もなく、しいて言えばチャーミング(粋)なバイカーのお気に入りブランドでありたい。JAM’S GOLD的チャーミーバイカーが増えたら最高です。

調布近辺でガン見されてたらきっとあなたはチャーミング(粋)なバイカーで、うちのスタッフがJAM'S GOLDのなにかを付けてないか調査しているのかも知れない。

閉じる続きを読む

JAM'S GOLDはライフスタイルにアメリカ好き、モーター好き、若干の目立ち好き、うれしい好き、そんなキーワードでハーレーに拘るライトバイカーにはまるモーターサイクルグッズを提案するメーカーです。

自分たちの欲しいが企画の第一理由!!!らしさは自由な発想、その延長にある商品は独特なギアだったり、一転気まじめなアイテムだったりもする。

もちろんライト=初心者とは考えてはいない。ただ初心者も極め派もなく、しいて言えばチャーミング(粋)なバイカーのお気に入りブランドでありたい。JAM’S GOLD的チャーミーバイカーが増えたら最高です。

調布近辺でガン見されてたらきっとあなたはチャーミング(粋)なバイカーで、うちのスタッフがJAM'S GOLDのなにかを付けてないか調査しているのかも知れない。

Indian Motocycle Company は1901年、アメリカのスプリングフィールドで創業者のジョージ.M.ヘンディとチーフエンジニアのカール.オスカー.ヘッドストロームによって設立されたオートバイ生産メーカーである。

二人の憧れは自分の手足のごとく馬を操るインディアンのようにオートバイを乗りこなすこと。
その魂を込め、社名を<INDIAN>と命名したと言われている。
鉄の塊に魂を、その想いは今では当たり前となったチェーン駆動という技術でオートバイの歴史に革新をもたらした。

その後、映画にもなったHARLEY社とのスピードをかけた熾烈な争いが10年余り続くのである。

1911年マン島のレースで新型エンジンを登場させ、1.2.3.を独占し、アメリカ全土、全世界にINDIANの名を知らしめ、熱烈なファンを獲得していくのであった。

代表的なモデルはSCOUTとCHIEFであり、共にSVエンジンを搭載していた。時代の流れの中で惜しくも会社は解散したが、鉄の塊の魂には二人のネイティブスピリットが受け継がれている。

まるで強敵を称えるようにHD社のライダーがINDIANロゴを着ている姿にその証を感じる。

閉じる続きを読む

二人の憧れは自分の手足のごとく馬を操るインディアンのようにオートバイを乗りこなすこと。
その魂を込め、社名を<INDIAN>と命名したと言われている。
鉄の塊に魂を、その想いは今では当たり前となったチェーン駆動という技術でオートバイの歴史に革新をもたらした。

その後、映画にもなったHARLEY社とのスピードをかけた熾烈な争いが10年余り続くのである。

1911年マン島のレースで新型エンジンを登場させ、1.2.3.を独占し、アメリカ全土、全世界にINDIANの名を知らしめ、熱烈なファンを獲得していくのであった。

代表的なモデルはSCOUTとCHIEFであり、共にSVエンジンを搭載していた。時代の流れの中で惜しくも会社は解散したが、鉄の塊の魂には二人のネイティブスピリットが受け継がれている。

まるで強敵を称えるようにHD社のライダーがINDIANロゴを着ている姿にその証を感じる。

日本のかばん作りの街 豊岡の職人でもあるアメリカンバイカーF氏が企画したアメリカンツーリングバッグブランド。

F氏自身が自分のために作った1つのカバンをバイカー仲間に頼まれて作り始めたのをきっかけにK-PLUSは確立していった。

特徴でもある合皮素材は日本の風土を考え、あえてチョイス。

ロック式のバックルは簡単に外せるという旅先での必須機能と走行中の安全の為に。

F氏の作った1つのバッグが現在19種のアイテムに広がった。

今なお走り続けるバイカーF氏の頭の中からは無限のアイディアが生まれるに違いない。

閉じる続きを読む

特徴でもある合皮素材は日本の風土を考え、あえてチョイス。

ロック式のバックルは簡単に外せるという旅先での必須機能と走行中の安全の為に。

F氏の作った1つのバッグが現在19種のアイテムに広がった。

今なお走り続けるバイカーF氏の頭の中からは無限のアイディアが生まれるに違いない。

今から75年余り前 アメリカの片田舎で創設者クレイスミス氏が母親の営む小さなダイニングレストランの裏で大好きな車のチューニングSHOPを始めた。

もちろん初めは友達からの口コミと好きでやっていたサンデーレースだけの宣伝で。

ところが...

彼の作った精巧かつ強度のあるパーツで走るレーサーは連戦表彰台の1番高いところを独占した。そのマシンには<Clay Smith>のロゴ。

当然メーカーのワークスチューナーの目にも止まり、一気にドラックチューナーのカリスマへと成り上がったのだった。

彼はいつも“We bild the best,and Fix the rest”(良いものを作れば必ず跡に残る)という考えのもと、常にユーザーにとっての最高を一緒に造り続けてきた。

別名 Mr.HORSEPOWER 馬力男とでも訳すのか、エンジンパワーを最大限に駆動させることを極めた男。

勇ましく、でもどこかシャイな氏の写真には必ずタバコをくわえて煙たい表情が写されているそう。SMOKING WOODPECKERキャラそのままに。

その後、Clay Smithブランドは、オーナーが変われど彼のその精神はぶれずに進化し、今でもサーキットのアスファルトにそのパワーの証をブラックマークとして刻み込んでいる。

閉じる続きを読む

彼の作った精巧かつ強度のあるパーツで走るレーサーは連戦表彰台の1番高いところを独占した。そのマシンには<Clay Smith>のロゴ。

当然メーカーのワークスチューナーの目にも止まり、一気にドラックチューナーのカリスマへと成り上がったのだった。

彼はいつも“We bild the best,and Fix the rest”(良いものを作れば必ず跡に残る)という考えのもと、常にユーザーにとっての最高を一緒に造り続けてきた。

別名 Mr.HORSEPOWER 馬力男とでも訳すのか、エンジンパワーを最大限に駆動させることを極めた男。

勇ましく、でもどこかシャイな氏の写真には必ずタバコをくわえて煙たい表情が写されているそう。SMOKING WOODPECKERキャラそのままに。

その後、Clay Smithブランドは、オーナーが変われど彼のその精神はぶれずに進化し、今でもサーキットのアスファルトにそのパワーの証をブラックマークとして刻み込んでいる。

MOON EYES創始者 DEAN MOONは'53年に「MOON AUTOMOTIVE」を設立。

当時は部品販売よりもチューンナップが収入の半分を占めていたがムーンの名を一気に世に知らしめたのはアルミ製の円盤で装着も簡単、安価で最高速度を向上できるという画期的なパーツ「ムーンディスク」であった。

ムーンディスクは発売当時1ヵ月で10,000ディスクを売り上げるという大ベストセラーになった。

やがてムーンディスクはドライレイク、インディカー、ドラッグ、カンナムレース等、至るところで目にすることができるようになった。

そのMOON EQUIPMENTが日本に上陸したのは'83年のことだった。

現社長・菅沼繁博(シゲ菅沼)がアメリカに行った時にムーンディスクを購入したのが事の発端で、帰国後、自分のハイラックスに装着したところ、彼の仲間もムーンディスクを装着したいと言い出した。

こうして仲間のムーンディスクをオーダーしているうちにビジネスに発展、'86年横浜元町にMOON EYESのSHOPをオープンさせた。'87年のDEEN MOON死去後、'92年には本国のMOONを吸収した。

閉じる続きを読む

ムーンディスクは発売当時1ヵ月で10,000ディスクを売り上げるという大ベストセラーになった。

やがてムーンディスクはドライレイク、インディカー、ドラッグ、カンナムレース等、至るところで目にすることができるようになった。

そのMOON EQUIPMENTが日本に上陸したのは'83年のことだった。

現社長・菅沼繁博(シゲ菅沼)がアメリカに行った時にムーンディスクを購入したのが事の発端で、帰国後、自分のハイラックスに装着したところ、彼の仲間もムーンディスクを装着したいと言い出した。

こうして仲間のムーンディスクをオーダーしているうちにビジネスに発展、'86年横浜元町にMOON EYESのSHOPをオープンさせた。'87年のDEEN MOON死去後、'92年には本国のMOONを吸収した。

1992年にアメリカカリフォルニア州で設立された乗馬ブランドです。

実際に履く人のことを考え、デザインだけでなく快適性に着目しフィッティングやクッショニングなど様々なテクノロジーを導入し革命的なライディングブーツを開発。

現在ではアパレルを含めウェスタンスタイル、イングリッシュスタイル共に世界最大の乗馬ブランドになりました。USAショナルチームの馬術選手をはじめ、世界中の多くのアスリートにも愛用されています。

また乗馬ユースで培ったハードなグラウンドコンディションに対応するファンクションを搭載したカントリースタイルのアウトドアコレクションの展開も図っています。

“ARIAT”ネームは1973年に3冠をとるなど大記録を打ちたてたアメリカを代表する最速の競走馬“Secretariat”(セクレ タリアット)からインスパイアドされた。

閉じる続きを読む

現在ではアパレルを含めウェスタンスタイル、イングリッシュスタイル共に世界最大の乗馬ブランドになりました。USAショナルチームの馬術選手をはじめ、世界中の多くのアスリートにも愛用されています。

また乗馬ユースで培ったハードなグラウンドコンディションに対応するファンクションを搭載したカントリースタイルのアウトドアコレクションの展開も図っています。

“ARIAT”ネームは1973年に3冠をとるなど大記録を打ちたてたアメリカを代表する最速の競走馬“Secretariat”(セクレ タリアット)からインスパイアドされた。

言わずと知れたトゥイーティーのアメコミキャラである。

が、何故アメ車好きに人気があるのか?

実はアメ車文化の象徴だったのである。

当たり前だなんて言ってる人はかなりのアメ車好きのはず。

1960年後半のアメ車の価値は馬力主義。

各社競い合い、いわゆるマッスルカーを発売した。そんな中で’67年にハチのマークのダッチスーパービーとロードランナーマークのプリマスロードランナーはデビューした。

発売からすぐ爆発的なヒットとなり、やがてドラッグレースにサンデーレースにと市販車カテゴリーのレースのサーキット場はロードランナーで埋まり、ロードランナー=アメリカンマッスルカーのキャラクターになっていくのである。

ちなみにプリマスロードランナーのホーンの音はBeep・・・Beepそうロードランナーの鳴き声であった。

閉じる続きを読む

実はアメ車文化の象徴だったのである。

当たり前だなんて言ってる人はかなりのアメ車好きのはず。

1960年後半のアメ車の価値は馬力主義。

各社競い合い、いわゆるマッスルカーを発売した。そんな中で’67年にハチのマークのダッチスーパービーとロードランナーマークのプリマスロードランナーはデビューした。

発売からすぐ爆発的なヒットとなり、やがてドラッグレースにサンデーレースにと市販車カテゴリーのレースのサーキット場はロードランナーで埋まり、ロードランナー=アメリカンマッスルカーのキャラクターになっていくのである。

ちなみにプリマスロードランナーのホーンの音はBeep・・・Beepそうロードランナーの鳴き声であった。

1923年アメリカ映画の主人公で誕生。

以来、新聞連載、マンガやマスコットアニメーション等で大人気のFELIX THE CAT。

名前の由来

ラテン語の「felis」(猫)と「felix」(幸運)に由来していて、笑顔のキャラクター共に古くから愛され続けています。

また、シボレーのマスコットやアメリカ海軍のマスコットとしても有名です。

閉じる続きを読む

名前の由来

ラテン語の「felis」(猫)と「felix」(幸運)に由来していて、笑顔のキャラクター共に古くから愛され続けています。

また、シボレーのマスコットやアメリカ海軍のマスコットとしても有名です。

There are no items matching.
  • Item Number : {{ product.key }}
  •  
Brand :
Category :
Size :

Accessory